不動産サービスの知識~ワクワク不動産情報~

早く行動に出る

住宅ローンを支払うことが厳しくなったら、競売よりも任意売却という選択をした方が良いです。任意売却の方が、金銭的にもメリットがありますし、再度家に住める可能性もあるので、確実に任意売却の方が良いです。ただ、いつでも任意売却をできるということではなく、タイミングがあります。そのタイミングは、競売にかけられて入札される前までです。このタイミングは1番最後の状態です。競売で入札されてしまった時点で、任意売却をすることはできません。ただ、これは1番最後の任意売却ですから、ここから始めるとなると大きな労力が必要になりますし、時間もかかります。では、どのタイミングで任意売却を始めた方が楽に進められるかというと、住宅の支払いが困難になったら、すぐに専門家に相談した方が良いです。早めに相談することによって、解決策を練る時間にも余裕が出るので、有利に進めやすくなるのです。

住宅ローンが滞納してから1ヶ月~2ヶ月間程度は、電話や郵便物などで督促が届きます。この期間は、金融機関にリスケジュールを相談した方が良いです。3ヶ月になると競売にかけられることが多いです。刺繍的な勧告書が届き、それでも支払いができない場合は機嫌の利益喪失となります。これは銀行とのローン支払い契約の権利を失うということです。こうなると任意売却に進めるのは難しくあんります。任意売却は、債権者、不動産売却、買主と相談して進めていくものなので、なるべく早めに行動した方が良いのです。

Copyright (c) 2015 不動産サービスの知識~ワクワク不動産情報~ all reserved.