不動産サービスの知識~ワクワク不動産情報~

滞納と競売

滞納をすると競売にかけられるので要注意です

家を購入する時は、住宅ローンを組むことになりますが、もしこの住宅ローンが返済できなくなった場合は、どうなるのでしょうか。まず、3か月以上遅れた場合は、保証会社から代位弁済通知書というものが送られて来ます。これは、あなたに代わって保証会社が一括返済をしてくれたという通知です。しかし、だからといって返済が終わったわけではなく、その後は保証会社から督促が来るようになり、やがて競売にかけられます。 この競売は、強制的に家を売却するもので、通常の不動産価格よりも安い値段で、しかも調査が入ります。そのような事態を防ぐには、やはり任意売却が一番です。任意売却の場合は、普通の不動産と変わらない価格で売却され、しかも、手元に多少のお金を残すこともできます。

任意売却は誰に相談するべきでしょうか

では、どうすれば任意売却が出来るのでしょうか。まず、任意売却専門の弁護士や司法書士、あるいは専門業者に相談してみましょう。弁護士や司法書士の場合は、事務所にもよりますが、大体着手金が10万円から30万円、報酬が上限30万円ほどで引き受けてもらえます。報酬に関しては、売却代金の1パーセントから3パーセントが目安です。また、専門業者の場合は殆どが無料です。これは、代金からすべて手数料が支払われるためです。 業者に頼む場合は、一つ注意しておきたい点があります。業者によっては、手元に残せる転居などの資金を多めに確保するとして、不利な契約を結ばせる所もあります。通常、手元に残せる金額は20万から50万ほどですから、それ以上の金額を持ちかける業者は、避けた方がいいでしょう。

Copyright (c) 2015 不動産サービスの知識~ワクワク不動産情報~ all reserved.